スポンサードリンク

2018年01月29日

【1/29】しばらくの間ブーストが


さて皆さん、元気にアークスしてますか?
毎度おなじみShip8のサクラことテルさんです m(_ _)m

01.jpg

そういえばなんですが、本日の0時から・・・感覚的には昨夜の日付が変わってからこっち、全クエストにレアドロブーストがかかる期間がスタートしております。

日付が変わったと同時にレアドロアップのアイコンが付いて初めて気づいて「あ、今日からだったのか」と思う始末(苦笑) ともあれちょっとだけ期待値が上がるってモンですw

そんな昨夜の出来事


最近はめっぽう夜が寒いので早めに寝るようにしているのですが、昨日は上記のブーストもあるってことでちょっとデイリー消化を頑張ってみたり。
すると久しぶりに・・・

02.jpg

パラレル登場!
いやー、本当に久しぶりな気がしますw

パラレルエリア自体は昔からあるシステムですが、ここの難易度って意外と、各種調整が入った今でも結構難しいですよね(汗)
特に当たるとヤバいのが、NPCを3人連れている状態で出現するオーディンさん。
そういや今もNPC3人連れてるなぁ〜。
ヤだなぁ〜なんかヤな感じがするなぁ〜(稲川●二風(苦笑))と思っていたら・・・

03.jpg

このでっかい水晶を見るたび「ビクッ!」となってしまいます(苦笑)
悪い予感的中、見事にオーディンさんがやってきました!!
コイツは激戦になりそうだぜ・・・! と思いつつ、クエストを破棄するのは男じゃねぇと思って挑戦!

04.jpg

ともまぁ何とかなりましたw てかやっぱりヒーローは偉大だぜ(苦笑)
それでもやっぱりレベル80のオーディン。調整後とあってもかなーり長期戦になりました。
しかも今よく出てくるエネミーたちとは攻撃パターンが全然違いますからね。
ああいう苛烈なフィールド範囲指定攻撃は珍しく、なかなか大変な戦いでしたw

そして報酬もありがたい! さらには例のブーストも加わって尚ラッキー!
OP付けをするときに何かと便利なドゥームブレイク。ドゥーム自体は今も緊急でよく出るラプラスの悪魔からゲットすることが可能ですが、オーディンさんから落ちるのは、そこにアビリティVがついていることが多いのです。
ドゥームブレイクはアビリティVの継承率アップ効果を持つため、このふたつを同時につけやすいんですよね〜♪ そういった意味でもありがたいパラレルでした。


スポンサーリンク


【本日の〆】そろそろデレてくれドラゴンさん


05.jpg

バルが出ません。だからSOPもゲットできません^^;
それでもまぁ今のところ私には「アトラを完成させる」という目標があるため、まだモチベが維持できていますが、全体的にはどーなんでしょうね?(汗)
さすがに夜の緊急(22時以降のタイミング)ではXHブロックの上位のほうは埋まってしまうぐらいには人がいますが、確かに浅い時間帯ではちょっと人が少ない気はしますね^^;

とはいえ、いくら相手がモンハンであってもずーっとこの状況が続くこたァないでしょうw
発売されてから一ヶ月ぐらいの間はまだまだアツい状況が続くでしょうけれど、それもやがて鎮まってしまうのは全てのゲームが避けて通れない課題です。
あ、別にモンハンが飽きやすいとかいうわけでは決してなくてですよ?(汗) 単に、今の日本におけるエンタメコンテンツの消化速度ってそれぐらいな気がするんですよね^^;
とにかく回転が早い早い(汗) 作る方は大変です^^;

とまぁ、何はともあれ、広ーーい視点でみれば、据え置きゲーム機に人が戻ってきてくれているのがちょっと嬉しくもありますw
なんていうか、ファミコンとかからゲーム人生が始まった人間からすると、ある種の賭け事のようにリアルのお金をかけること=エンタメの一部となっている一部のスマホゲーの形は異質に見えてしまいましてね(汗)
古いセンスなのかもしれませんが、ゲームそのものが万したとしても、その後にもさらに何万もかけるゲームってのは異常に思えちゃうんですよねー(苦笑)

・・・さて、ここからはPSO2とは関係ない、すみっこのゲームクリエイターとしてのつぶやきです(苦笑)

EP5などの最近のPSO2のストーリーを見ていると、いつも我がことのように思えて・・・物語を作る身としても「終わりのある物語」の方が話を作りやすいよなー、とか思っちゃうんですよね^^;

終わりの直前の盛り上がりだからクライマックスですし、伏線も効果的に仕込める。
そのゲームが・・・物語が終わらないってことは、そういう感動を喚ぶストーリーってのも制作の難易度が高くなるってことで・・・難しいですね^^;

現状、スマホゲーやオンラインゲームに乗っかるストーリーは、サービスが続く限りずっと続編を書き続けないといけません。
でも続ければ続けるほどあらかじめ用意した設定は枯渇していきますし、だからといって後付けで設定を追加するには、それまでのストーリーを完全に頭のなかに入れた上で、それまでと齟齬のない設定を編み出す必要があります。

そのへん、一人の企画者がずーーっと同作品を管理しているならまだハードルが下がりますが、基本大きなゲームほど多数の人間が関わっています。このエピソードはAさん、次のエピソードはBさん、って具合にw
別人の世界観を自分のものとして消化・吸収するのは非常に大変なことで、それを完璧にこなすのは相当の才能がいることで・・・今のPSO2ってそのへんにあるのかなぁ、とか勝手に想像していたりします(苦笑)

EP1の頃の設定とか、なんか忘れられてる気がしますしね^^;
本来ならここまでの全エピソードの設定を活かした、更にその上に新しいストーリーを組み立てるべきなんですが、その労力は途方もありません^^;
だからEP4とか5のように、世界そのもの(設定そのもの)をまるっと新しいものにして、設定に齟齬がないようにストーリーを作ってるのかなぁ? とか、ね(苦笑)
もち、フォトンとかダークファルスとか、そのへんの最低限の設定は使うってのは大前提で。
細かい、各エピソードごとの特色になる「味付け」の部分をそうやって構成してるのかなー、とかイチ企画者として思ったりしております(苦笑)

・・・って話の脱線が過ぎましたね(苦笑)
ともあれ、ようは「今夜もキューブ集めよう」ってことです(なぜそうなる(笑)

まったく関係のない話に付き合っていただきありがとうございます(苦笑)
それではまたお会いいたしましょー♪

▼本家PSO2サポーターズリンク参加中!
PSO2_200x40_応援バナー02
posted by 佐藤輝政 at 21:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

関連記事リンク

スポンサードリンク