スポンサードリンク

2017年06月27日

テクター調整内容について自己流振り返り

---

さて皆さん、元気にアークスしてますか?
毎度おなじみShip8のアークス、サクラことテルさんです m(_ _)m

何だか緊張の糸が緩んでいるような・・・^^;


最近のアークスシップはリアルの方でのイベントが忙しいのか、穏やか・・・というにはいささか平和すぎるほどにのんびりムードが漂っていますね^^;

そんな空気に影響されてか、昨夜のグラーシア戦もまた失敗してしまうというポカをやらかしてしまいました^^;

おぉ・・・今までほとんど失敗経験がなかったのにここに来ての2連敗。
なんか野球のペナントレースみたいなスコアだなぁ(苦笑)

ともまぁ、そんなつもりはないんですが、もしかしたら気が緩んでしまっているのかもしれませんねー。
って、ゲームやることだけに全力出してちゃいけないんですけど(苦笑)、ほどほどの集中力っていうのはやっぱり必要なわけで・・・

正直、グラーシア戦もここ最近はだいぶ安定してきた気があって、それ故に慢心みたいなものがあったのかもしれません。

昨夜のこちらの布陣は『Bo・Bo・Su・Br』というほぼ殴り構成。
後から思えばなかなかにアンバランスなメンツですね^^;

一応バフをかける人(正確には“かけられる人”)が3人いるわけですが、どれもメインテクターレベルのバフまではかからないもの。
さらにはRa不在でWBもないため、振り返ってみれば「火力不足で失敗する可能性もあるか・・・」と納得してしまいました(苦笑)

失敗直後(時間切れで失敗した)、火力不足ということで「Fiで行ったほうがよかったかな」とつぶやいていたのですが、この場合だとテクターかレンジャーで補佐にまわった方がよかったかな?とか一夜明けて思ったり^^;

という感じで、昨夜はあらためて本気の神様の恐ろしさを身をもって教えられたという話でした(笑)


スポンサーリンク


昨夜も常設クエへ


昨夜はフレンドさんとともに、ちょっとだけですがEP3振り返りクエへも行きました。

いやしかし・・・死にはしないですが大変ですよね、このクエ^^;
特にアルティメット系の敵と最後の深遠なる闇シリーズの敵が大変です。

01.jpg

運良くなのかなんなのか、珍しく☆13ドロップが来てくれたので「おお!」と思ったのですが、サモナーでプレイしていたこともあってか中身は『ブラストパフェ』
・・・まぁ、汎用的に使えるパフェなんでいいんですが、両手をあげて喜べないのはメインサモナーじゃないから??^^;
でも貴重なモノには違いないのでありがたくしまっておくことにしましたw

なんとなく人気ない感じ?

私が感じていることは他のアークスたちも感じているようですね^^;
期間限定常設クエである各エピソード振り返りクエストですが、5周年イベントと連動して、ボスの撃破ポイントを稼いでいくという『WEB連動企画』が現在行われています。

ちょっと長いことアークスをやっている方なにおなじみの、報酬期間に向けた前哨みたいなアレですねw ここでポイントを稼ぐことによって、報酬期間に受けられるボーナスの中身が決まる、というアレです。

そのポイントが今どれぐらい貯まっているのかは『特設サイト』で見られるのですが、そのポイントの伸び率が今週に入ってから急激に減っている模様です^^;

その理由はいわずもがな・・・きっと今回のEP3振り返りクエの中身が大変だからなんでしょうね^^;

私としても、事前に公開されていた内容から「大変になりそうだ」とは思っていましたが、その苦労に見合うだけの経験値とか、アイテム落ちるなら行く価値もあるだろうと思っていたのですが・・・フタをあけてみるとそうでもなく・・・^^;

時間がかかるわりに経験値やアイテムのドロップも控えめということで「そりゃあ行く人も減るわな」と変に納得してしまっている次第です^^;

私はバッジ欲しさに通っていますが、EP1振り返りの時と比べるとかなり大変なため、だんだん億劫になってきているのも事実です。

・・・と、そんなふうに大変なEP3のクエストも今日でおしまい。
メンテ明けからはEP4の敵が集められた新しいクエストが始まるわけですが・・・
これはこれで大変そうです^^;

詳しい内容については明日にしたいと思いますが、またまた大変そうな気がします。
うおぉ・・・! 大変でもいいから本当にドロップ良くしてくれぃ!
もしくは経験値ガッポリとか!! ・・・切実な願いです(涙)


スポンサーリンク


恒例(?)自己流調整内容振り返り


それでは今日はもうちょっと続きますw
てなわけで今日は、先日のフォースのクラス調整内容に引き続き、もうひとつのテクニック職である『テクター』のスキル関係について自己流に振り返ってみたいかなーと思います。

かつてテクターのレベルをMAXにするまで大変な思いをした経験がある身としては、これら調整内容はかなりありがたいのばかり。
内容を見てみると、他のクラスに比べて変わる部分が多いですね^^;
とはいえ弱体化というより、ほとんどはパワーアップ系の調整なので、一度テクターをやったことがある方なら「それ、ありがたいっス」と思えることがたくさんですw

各種属性マスタリーの取得が軽減

02.jpg

リストの上から順番に見ていきます。
ということで、上の方にずらっと並んでいるのはテクター版の属性マスタリー・・・フォースでいうところの「火・氷・雷」それぞれの属性テクニックを強化するスキルと同じものです。
テクターでは「風・光・闇」の3属性を強化することができるので、それぞれのマスタリーが並んでいるわけですねw

調整方針はフォースと同じで、それぞれMAXまで取得するのに必要なスキルポイントが減り、他のスキルに回せるようになるというヤツです。
テクターの場合、マスタリー以外にも有用なスキルが多いように思うのでこの調整はありがたいですね♪

殴りテクター歓喜?

03.jpg

続いてはテクターしか使えない武器「ウォンド」に関係したスキルの調整です。

あまりテクターに触れていない方向けに簡単に説明しますと、テクターには大きく分けて2種類の立ち回り方があります。

ひとつは通称『殴りテクター』と呼ばれる、ウォンドを使って敵を直接殴りに行く、テク職でありながら近接職のような立ち回りをする戦法です。

そしてもうひとつは、テク職らしく中距離ぐらいからテクニックを使いつつ、状況を見て適宜直接攻撃にいく、打撃と法撃を混ぜたような戦い方です。

どちらもそれなりの戦い方があり、テクターの面白いところなんですが、そのへんが全体的に今回の調整で影響を受けそうな感じです。
といっても弱体化するわけではなく、むしろやれることの幅が広がりそう。

殴りテクターをやる上で必須の「ウォンドラバーズ」は、もともとSP10で取得可能。
「リアクター」と「エレメント」はともにSP5、ということで実に10ポイント以上もSPが浮くことになります。これはすごい(笑)

今までは殴りをやるならテクニックは捨てる(その逆もしかり)だったのですが、これなら殴りもできるがテクも使える、そんなテクターの基本設計らしい立ち回り方ができるようになる可能性があります。

まずは離れたところからテクで牽制し、ダメージを与える。
PPがなくなったり敵が接近してきたらウォンドで近接戦闘にもちこむ、といったまさに『魔法剣士』のような戦い方ができるようになるかもしれませんね!
そうなったら夢だなあ・・・w

各種バフ系スキルも強化

04.jpg

支援のエキスパートであるテクターの真骨頂、シフタ・デバンドを強化する各種スキルも取得するのに必要なSPが減るようですね。

これらのスキルはレベルが上がるごとにシフタ・デバンドの効果値が強化されていくので、

SPが余る→ これらのスキルをもっと強化できる →火力・防御力アップ!

ということになります。
しかも支援テクの影響は自分だけでなく周囲の仲間たちにも及びますので、この影響はかなり大きいような気がします。

上記のウォンド関係スキルの軽減しかり、そちらで余ったSPを支援テク強化系のスキルにふんだんに振ることができれば支援専門職としての下地はしっかりと整うでしょうねw

結果、どうなんだろう?

と、スキルシュミレーターを使って余ったSPを改めて振り分けてみたのですが、私の使っているテクターのスキルツリーをベースに調整したみた感じとしては、かなり強化されるような感じになりました。

今までは、ウォンド関係を取ると(殴りテクターをしようとすると)、各種属性マスタリーが1種類しかとれないため、テクはほとんど捨てる感じになっていました。
(正確には風テクのザンバースを強化するために風マスタリーを取っていました)

しかし、シフタクリティカルを切ることにはなりますが、今回の調整のおかげで2種類の属性マスタリーが取れるようになるようです。

おお・・・2種類も取れるなら、本当にテクニックも使いつつ戦うことができそうですね!

うーん。そうした場合はどれを取るのがいいんだろう??
後述しますが、風テクニック「ザンバース」は事実上の弱体化がされるため、支援職としては必須だったザンバースの強化・・・つまり風マスタリーの取得優先順位がちょっと下がります。

テク職にとっての切り札である「複合テクニック」も若干の調整は入りますが、ここぞというときの一発であることには違いないのでコチラを意識した方がいいような気がします。

複合テクで使いやすいのは、広い範囲を薙ぎ払える火と闇の複合テク『フォメルギオン』と、対単体では恐ろしい火力を出す光と氷の複合テク『バーランツィオン』
このふたつになるでしょう。

ということは自然に、テクター側で強化すべきはこの2種類の複合テクに含まれる属性・・・光と闇ということになります。

おお、ザンバースが弱体化されるのに合わせた風マスタリーの優先順位の低下とピッタリ合致しますね。
ということで、私としては取るマスタリーは光と闇になりそうですw


スポンサーリンク


今日のまとめ


という感じで今日は日記とテクターの調整内容について振り返ってみました。

いやはや、テクターの強化は細かいところまで見ていくと楽しそうですねw

今までも、やりにくかったりはしましたが魔法剣士のようなことはできたので、それが実用レベルまで引き上がってくれると新しい戦い方ができそうで夢が広がります♪

サ・フォイエなどで高速接近、ゾンディールで集敵してウォンドで殴り殲滅。
それができなくともギ・グランツなどでさらに広範囲の敵をまとめて殲滅したりと、まさにテクと打撃を両方使えるクラスとして立ち回れそうです。(そのぶんプレイスキルは必要になりそうですけどね^^;)

ともまぁ、数値の上では強化されるといっても、実際に使ってみてどう感じるかは個人差があると思うので、これもまた実装が待たれる要素ですね♪

さて、それでは本日はここまで!
皆様も良きアークスライフをお送りください〜ノシ

▼本家PSO2サポーターズリンク参加中!
PSO2_200x40_応援バナー02

ファンタシースターオンライン2(PSO2) ブログランキングへ
1364c50e157e400dafc2724acaf1e5f9.jpg
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
posted by 佐藤輝政 at 14:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | PSO2
この記事へのコメント
更新お疲れ様です。

殴りテクターもサブSuが一般化した昨今では隠居かな?て風潮ではありますがね〜…

個人的にもグラーシアでテクター居てもサブHuだと躊躇してしまいますし…
Posted by 名無しの八鯖民 at 2017年06月28日 10:39
■名無しの八鯖民さん
コメントありがとうございますー♪

過去にも幾度となく起きていますが、調整ごとに最適解は移ろいゆくもの・・・って感じですね。
むしろサモナーが便利すぎるのかな?(汗)

グラーシア級の高難易度クエだと、たしかにテクターはテクターとしての本領(補助特化)の方が活躍できるかもしれませんね。
そもそもテクター自身の火力は控えめですから、単体のボスを殴っても限界がありますしね(汗)

ともあれ、今まで以上に気持ちよく戦えるクラスになってくれたらいいのになー、と思いますw
Posted by 佐藤輝政(サクラ) at 2017年06月28日 12:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180172614

この記事へのトラックバック

関連記事リンク

スポンサードリンク