開催中のイベント

■11/22まで■
アルティメットクエスト「壊世調査:ナベリウス」に各種ブースト
エネミーHP+100%/獲得経験値+150%/レアドロップ倍率+150%

直近の緊急クエスト予定

■11/18(土曜日)
20:00〜22:00【リーグ】エネミー種撃破:幻創種
20:30【緊 急】電撃!ポリタンランド!
23:00【緊 急】新世を成す幻創の造神
-------------------------------------------------
■11/19(日曜日)
01:30〜03:30【リーグ】指定エネミー撃破:サンダーロックベア
02:00【緊 急】電撃!ポリタンランド!
07:00【緊 急】新世を成す幻創の造神
09:00【緊 急】月駆ける幻創の母
11:00【緊 急】電撃!ポリタンランド!
13:00【緊 急】魔神城戦:不断の闘志
16:00【緊 急】威風堂々たる鋼鉄の進撃
20:00【緊 急】魔神城戦:不断の闘志
22:00【緊 急】エネミー種撃破:黒の民
22:30【緊 急】電撃!ポリタンランド!
--
--
2017年10月12日

【10/12】胸熱のヴェルン編ラストは必見だ!


さて皆さん、元気にアークスしてますか?
毎度おなじみShip8のサクラことテルさんです m(_ _)m

ハロウィンイベント開始!


私、てっきり昨日のアプデでダークブラストが実装されると思い込んでいたのですが、どうやら違ったみたいですね(汗)
今回はあくまで「どうしてダークブラストが使えるようになったのか」という説明というか前フリで、システムとしての実装はワンテンポ遅れてという感じのようです。
期待が高まるなぁ♪

01.jpg

ツィッター上でハロウィン版マトイの新コスチュームのことが話題になっていたので、ログインして早速、彼女のクライアントオーダーを処理!
いやぁ、やっぱりマトイはヒロイン力高いですねw それを再認識しました。

02.jpg

昨日はメンテ明けから合計3回、新季節緊急・・・通称「トリトリ」がありました。
フィールドは「採掘場跡」ということで、動き回れる範囲が狭く、敵が密集しがち。
意識して回避しないと、特にヒーローだと流れ弾に被弾することが多く、案外基本クラスのほうが安定して戦えるんじゃないかな? と思うぐらいでした。

かくいう私も直ドロ狙いでハンターで挑戦したんですけどねw
強化されたハンターは、パルチを含めた範囲攻撃にも優れているので安心して戦えましたw

私は日付が変わる前の最後の1回しか挑戦できなかったのですが、それでも首尾は上々。
属性値・OL値も中途半端ではありますが、それでも直ドロしてくれたのはコレクトを進める上で非常にありがたかったです。

なんかメンテ明け1発めの緊急は、高確率でレアドロする気がするんですよねー(汗)
まぁそれ以降はぱったりとドロップしなくなるわけですが(苦笑)、なんていうのか、ビギナーズラック的なものが働いているとしか考えられないような気がしています(笑)

思わず熱くなったメインストーリー


さて、それではここからは新しく公開されたストーリーについての振り返りを。
かなーり重要なネタバレを含むので気になる方は注意してください!

まだご覧になられていない方はぜひとも見ていただきたいお話でした。
特にEP1〜3をクリアしてきた方々にとっては色々と胸に来るシーンも多いため、ぜひともその目で確かめていただきたいところです。

では、大丈夫な方は下のリンクから続きの記事へどうぞ!

敵が敵してる


03.jpg

冒頭で体験できる、ヴェルンの強化兵士たちとの戦闘。
自分が見落としていただけなのか、気づかなかったのか不明ですが(汗)、この世界のゲッテムさんとシーナは、ヴェルンの強化兵実験の被験体だったんですね。
だからふたりとも一般の兵士より圧倒的に強くて、魔物種とも渡り合えたってわけなんですね。

この兵士たちも元はゲッテムたちと同じ境遇の人たち。
人命をなんとも思わず、ただ道具として使う敵の「敵っぷり」がなかなかにナイスw
こういうヒールがいてこそ、「アツイをぶっ飛ばしたい」と思わせてこそですからね。
ヴェルンの敵2名はいい味出してたと思います。

04.jpg

『どれだけ生きたかじゃねえんだよ。
 どんな風に生きたかが問題だ』

力を使うほどに身体が崩壊していくゲッテムさんが放った名言。
自らの死に場所を探しているかのような人物ですが、自らの終わりが見えているからこそ「今」の大切さが分かるのかもしれませんね・・・。
男は背中で語る、まさにソレでした。カッコイイぜ!!

05.jpg

しれっと帝都攻城戦のメインストーリーのバスタークエストはスルーして(苦笑)、さくっと皇帝のところへ到達。
ゲッテムさんの啖呵を真っ向から受け止めて相対する皇帝・シュレッガー。
クエントでいうところの「魔神城召喚」と同じ位置づけであるヴェルン特有の魔術「魔人化」を用いて己を強化したその姿は、まさに【巨躯】そのもの。
むしろ本家よりグラデがきれいでカッコいいかも(苦笑)

このときシエラが言っている「エフィメラはやっぱり『深遠なる闇』の一部です!」という言葉。今までは「そうなんじゃなかろうか?」だったのが、ここで確定となるわけですね。
この一文を出してきたことを思うと、やっぱり他のダークファルスも今後出現してきそうな気がします。THE・伏線(笑)

しかし、皇帝とのイベントバトル、なかなかに強かったです(汗)
ストーリー上での戦闘なのでほどほどの難易度だろうと思っていたのですが、敵の挙動に慣れていないこともあったのか、何度かヒヤッとさせられる場面もありました(苦笑)
さすがは皇帝(笑) ヴェルン編のラストを飾るにふさわしい強敵でしたねー。

---

一度は皇帝を退けるも、そのあまりにあっけない終わり方に「これで終わり?」となる一行。
かくいう私も同じ思いでしたが、ここはアレですね。「志村うしろ!うしろ!」のアレです。

案の定まだ事切れていなかった皇帝は、最後のあがきで自らの魔力を打ち込むことでゲッテムの身体を奪おうと企みます。
しかしギリギリのところでシーナがかばいに入って・・・シーナの身体が皇帝に奪われてしまうという状態に!

魂だけを他人に移動させるとか、なんかもうハガレンの世界ですね(汗)
てか、あのムサいオッサンの中身が美人なシーナの中に入っちまうなんて色々とギャー!w
そういった一面もありつつ(あくまで私の中でだけで(苦笑))、「テメェ、ぜったいブッとばす」という決意につながりました(苦笑)

06.jpg

しかし、シーナの身体を奪った皇帝は強かった!
どうやらシュレッガーそのものの身体はもうボロボロだった様子。
単に年齢によるものなのか、魔人化の研究を重ねすぎて肉体が限界にきていたのか、はたまたどちらもなのかもしれませんが、ジジィ状態のシュレッガーは本気を出せていなかった様子。
若いシーナの身体を得た皇帝の力は先程とは比べ物にならず、主人公たちを含め一気に不利な状態に。

ゲッテムも幾重に刃を受け、かつ力の使い過ぎで絶命寸前。
そこで彼は皇帝と同じように、己の「魔人化」の力を主人公に託します──

07.jpg

……まず先に言わせていただこう。

「こんな演出反則やって(感涙)」

オメガのゲッテムハルトからの力の授与でしたが、やはり根の部分は現実世界で【巨躯】に取り込まれたゲッテムハルトとつながっていた模様。
内的宇宙で開闔する二人の姿が胸にグッときます。

08.jpg

最初は出会った当時と同じアークスの制服を着ているゲッテムですが、途中で【巨躯】状態の姿にも変化。しかもその姿からはダーカー因子の色(ピンク色)が抜けており、彼のメインカラーである青系の色に戻っています。

かくして、ゲッテムハルトから受け取った魔人化の力・・・いや、本物の【巨躯】の力を受け取り、主人公は「ダークブラスト」発動。
おなじくシーナの身体を使って再度の魔人化を果たした皇帝と激突。
しかしニセモノがホンモノに敵うはずがなく、ついに皇帝を・・・オメガ・ヒューナルを撃退することに成功します。

09.jpg
10.jpg

オメガ・ヒューナルを撃退したことで、今度こそ皇帝も消滅。
最期の瞬間にシーナも元に戻ります。

もうこのときにはゲッテムも消滅しているのですが、主人公と同一化したゲッテムは最期の力で主人公の身体を借りて顕現。シーナを看取ります。
その時の↑の二人のセリフ・・・響きますね(涙)

表面的には、自らの身体を改造され、あまつさえ仲間たちを無残に殺された復讐をするために旅立ち、ついに皇帝を討ち取って復讐を果たした・・・その道程が「長かった」ということなのですが、現実世界でのこの二人の運命を考えると違う意味にも聞こえてきます。

それはまさに、つい先日マンガでのみ描かれた「EP0」の時代から続くゲッテムハルトとメルフォンシーナの長い長い戦いがついに終わった、とも聞こえるんですよね・・・。
残酷な運命に翻弄され、大切なものをダーカーに奪われてきた二人。それにピリオドが打たれた瞬間がまさに今で・・・良いことも悪いことも色々あって、それをすべてを含めた気持ちを短く表したのが『長かったね』なんですよね・・・感動(涙)

11.jpg

そしてラスト。ゲッテムハルトは己の力を主人公に託し、自らもシーナの後を追うように消えていきます。そのときのこの言葉も深いですね・・・。

本当のメルフォンシーナはとうの昔に消えている。
だから彼女のことはアカシックレコードの『記録』となっています。
対するゲッテムは、幾多の変遷を経ているものの、まだこうして語ることができるため、『記憶』と・・・どこかまだ命あるものとしての一面を匂わせています。

この後まもなく、このゲッテムハルトも「記憶」から「記録」になるわけで・・・その「記憶」に宿るいろいろな思いをダークブラストという力に乗せて主人公に託した、というわけなんですね・・・。

くぅっ・・・! いい話だぜッ!

まとめ!


という感じで、今回のストーリーはかなり熱いものになっていました。

ここ最近PSO2を始められた方には「ゲッテムって誰やねん? てか自己中すぎてウザ!」となる方も多いかもしれませんが(苦笑)オムニバスクエストでもいいので過去のエピソードを見ていると、今回の話の重みが増すのでぜひとも確認していただきたいところですw

ちょっと前までは、ダークブラストについては表面的な情報だけだったので「ウチのカワイイ自キャラがダークブラストでバケモノになっちゃう!」と悲鳴が上がっていたところもありましたが、これを見ると意義が変わってきますねー。

主人公が自発的に手に入れた力ではなく、どっちかというとダークブラストは「ゲッテムハルトの思いと力の顕現」といった感じですからね。
主人公が変化しているというよりか、【巨躯】の力を行使するゲッテムさんを召喚、憑依させて戦っている、みたいな感覚でしょうか。
・・・憑依合体!(オーバーソウルでも可)←古ッ!(苦笑)

一人で戦っているのではなく二人で・・・いや、シーナも含めた3人で戦っている。まさにそれこそがダークブラスト。
ただの変身ではないことが分かってテルさんは感動しきりです!

---

こうなってくると、早くダークブラストを使いたいところ。
なにやら成長システムみたいなものもあるようなのでそちらも楽しみな要素です♪
うーむ、待ち遠しいぜ!


さて、本日は長くなってしまいましたがここまで!
またどこか星の海で会いましょう!

▼本家PSO2サポーターズリンク参加中!
PSO2_200x40_応援バナー02
posted by 佐藤輝政 at 13:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 情報
この記事へのコメント
うちもてっきり昨日のアップデートだと思ってました…w
ただ練習ぐらいいいと思いますがね
オーバーソウルってマンキ(ry
Posted by イノセントB☆RS at 2017年10月12日 20:20
■イノセントB☆RSさん
コメントありがとうございます!!

正確には25日のアップデートで実装になるみたいですね(汗)
あるイベントバトル中だけでもおためしで使えたらよかったのになぁとは私も思いましたw
まぁ一時的とはいえ実際に操作できるものを入れてしまうと動作確認とかが大変なんでしょうね(苦笑)
フィールドで好きに使えるようになる時をじっくり待ちたいと思います♪
Posted by 佐藤輝政(サクラ) at 2017年10月13日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181261700

この記事へのトラックバック

関連記事リンク

スポンサードリンク