スポンサードリンク

2018年10月25日

【10/25】おひさ! ストーリー見てきたよ!(ネタバレ注意)


さて皆さん、元気にアークスしてますか?
毎度おなじみShip8のサクラことテルさんです m(_ _)m

いやー、前回の更新からまたえらく時間が開いてしまいまして──って毎回言ってる気がするな(^_^;)
ともあれ戻ってまいりました!

いやはや、これまではブログを更新してなくてもゲーム自体はプレイしていたんですが、前回ブログを更新した直後(9月の中旬)ぐらいからマジにログインしなくなっていました;

いやー、なんというか、別に何か理由があったわけじゃないんですけどね; 目的を見失ったといいますか、そんなぼんやりした理由で一時期ぷそから離れておりました。

そんな中で迎えた昨日のアップデート。どんな内容が追加になったのかすらしっかり把握しておらず、情報収集のためにふらーっとツイなどを眺めていると、なんとストーリーが更新されたって話じゃないですか!
しかも今回の更新で、一応EP5の話にケリがつくとのこと。
思えばまだダブル関係の話すら未確認だったことを思い出し、ここらで一気に見てしまおう! ってわけで昨日は久しぶりにインしてみたというわけです。

で、EP5が堂々完結したワケなんですが──

熱いクライマックスだった!


いやー、なんというか怒涛の展開でしたね!
【双子】編から一気見したこともあるかもですが、それにしてもクライマックスに至るまでの流れが勢いありましたねー。
「あの話はどうなったの?」とか「あの設定は?」とか細かいところは抜きにして、一気に駆け抜けた感があるクライマックスでした。

しかし、衝撃的だったのはラストのラスト。まさかああいう形でEP5が終わるとは・・・。ツイでもつぶやきましたが「EP5前座やんけ!」とつい心の中で叫んでしまうほどでしたw

自分で勝手に、EP5で【仮面】関係(深遠なる闇関係)の話にケリをつけるのかなと思っていたんですがそうはなりませんでしたね;
EP1からずーっと続いているPSO2の屋台骨とも言えるネタを、本来のSFの世界観以外のところで終結させるのか? と、予想しておきながら半信半疑だったのですが、やっぱり引っ張ってきたかーというところでした。

という感じに全体としては楽しかったEP5のクライマックス!
・・・しかしまぁ一気に新しい情報が出てきたり、設定が出てきたり、出てきたと新キャラがサクッと退場したりと、どうにも「ややこしい」という感想を抱いたのもまた事実;
だもんでネタバレを交えつつ色々考察という名のストーリーの味わい方をしてみようかななんて思いますw

EP5は各DFの掘り下げが目的だった?

EP5にひとつの区切りがつき、振り返って思うのは「EP5ってダークファルスたちの設定の掘り下げ回だったのかな?」ということです。

各DFを象徴とする国家を異世界オメガという舞台に配置し、それぞれの国家が抱える問題を解決することで同時にDFの過去にふれていく・・・DFたちにもそれぞれ理由があってDFになったんだ、というところを説明していく、という具合だったのかなぁと。

すでにEP1〜2で描かれていた【巨躯】関係については、DF【巨躯】を掘り下げるというよりもゲッテムハルト周りのゴタゴタをここで整理。
同じくEP3で語り尽くされた【敗者】関係については、EP5のクライマックスに関わる伏線を作ることで描写。
【若人】・【双子】については今まで詳しくその過去・生い立ちが描かれたことがなかったのでここで詳しく描写された、って感じでしょうか。

01.jpg

特に【若人】と【双子】の生い立ちに関してはEP5内で初めて触れられることになりました。
それまでのヴェルン(【巨躯】)とクエント(【敗者】)の話が、オメガの中のみでの話なのか、それとも外部の世界(DFそのものの話)なのかいまいち区別がつかなかったのですが、【若人】と【双子】の話でEP5はDFの生い立ちを語るストーリーなのか、と理解しました。

オメガとはすなわちアカシックレコードそのもの。
オメガで見聞きしたことはすべて宇宙のどこかで起きたことの記憶・記録。
ゆえにDFになった者の生涯が描かれてもおなしくはないって話ですw

【若人】の話にしても【双子】の話にしても、いったいどこの惑星で、どの時代に起きたことかは分かりませんが、こういう流れでDFになったんだ、という説明がなされました。
成長後のマルさん=アプレンティスということも紐付けられましたしね;

しかし、どうにもこのへんの設定がわかりにくくなっている原因は、過去に起きたことの追体験と、現在起きている出来事の境目があいまいになっているからのような気がします;

この事件は今あらたに起きている(主人公が介入したことで新しい歴史として動いている?)のか、はたまた単に歴史の追体験をしているだけなのか?? はたまた両方なのか?? といった具合になるのが混乱している理由かも;
ともあれここは執筆者でもないと分からないところなので華麗にスルーしておくとします(苦笑)

要約すると・・・

それにしてもアカシックレコードの中だからってことで、土壇場にいろんなキャラや設定が出まくりましたねー(^_^;)
自分の頭の中を整理するためにもクライマックスのあらすじをまとめていくと・・・

---
【双子】討伐の混乱に乗じてエルミルがハリエットをさらう

エルミルもDFであることが判明
 *作中では【仮面】と似た存在であるようなことを言っていたが詳しくは不明
 *自分は深遠なる闇の代弁者キャラということで脳内補完しました(^_^;)

深遠なる闇の片割れであるエルミル、完全体になるためにハリエット(器)を奪う
「黒い繭」ができ、オメガは崩壊の危機を迎える

ハリエットを助けにいくぞ!

でも敵がメチャクチャ多い! なんでこんなに敵でてくんの?! 【双子】も倒したのに!

お前たちがアカシックレコードだと思っていたこのオメガという世界は、実は深遠なる闇そのものだったのだよ! だから敵を作るのなんて朝飯前なのさ!
 〜な、なんだってー!?

それでも諦めずハリエット救出へ。
敵も好き勝手できるが、オメガは深遠なる闇でありアカシックレコードでもある。
ゆえに悪夢の記憶もあるが希望の記憶もある。
・・・ということで、悪夢に対抗すべく様々な過去の英雄たちが助けてくれる

現実世界では空席になっている六芒の2人が初登場(創世器も初出?)
初代のクラリスクレイスが登場
↑の人がマルさんの国が神様と崇める存在だったことが判明
ついでにダークブラストとして力を貸している味方の(?)DFたちも力を貸してくれる

ついにエルミルとハリエットのところに到達
ここでエルミルからハリエット出生の秘密が暴露される。

オメガのルーサーが、オメガにひっそり忍び込んで復活の機会を狙っていた深遠なる闇にひょっこりアクセスしてしまう(ルーサー兄様が研究のさなかに「大変なものを呼び出してしまった」と言っていたのはたぶんコレのこと)

その召喚のときに本物のハリエット死亡

ルーサー、深遠なる闇の力の一部(エフィメラ)を利用しハリエットを復活させる。
しかし死者の蘇生はできるはずがなく、生まれたのはハリエットの形をした別物。
このときルーサーのファインプレイ(?)で、深遠なる闇から「器」が切り離される。それがハリエットとして存在するものの正体と判明
 *ルーサーがそれを意図してやったのかは不明

ハリエットを救う=深遠なる闇の器たるハリエットを奪還できれば深遠なる闇の完全復活の阻止になる・・・のでエルミルと戦う

エルミル討伐成功。
しかしその時すでにハリエットは深遠なる闇に吸収されていた・・・
更に、肉体の枷から解き放たれたエルミルは完全体(?)深遠なる闇として復活
あらためてバトル

すでに消えたかと思われたハリエット。しかし土壇場でエルミルを止める。
ハリエットの協力があってエルミルを退けることに成功。
しかし力を使い果たしたハリエットを救うことはできなかった・・・

魂だけになったハリエット。このまま消えていく運命・・・となったところで初代クラリスクレイス再登場。
ハリエットに「オメガの新しい神様になれ。そしたら助けてあげる」と交換条件を提示。
ハリエットはそれを受け入れオメガの新しい神様になる
 *ここでいう「神様」とはシオンと同等の存在なのか、はたまた初代クラリスクレイスのようなアカシックレコードを漂う存在なのか、そのあたりは不明

大団円。深遠なる闇が消えたので、深遠なる闇そのものだった異世界オメガは消滅。
オメガは消失したがアカシックレコードは健在。元に戻っただけ。
 *ゆえにちゃんと神様ハリエットも存在してる??

めでたしめでたし・・・と思いきや、そこに新たな敵が登場。
その見た目はハリエットそっくりで・・・?
自らを「シバ」と名乗る彼女。しかし中身はまったく違う敵が出現。
主人公とマトイはもちろん、創世器装備のレギアスとマリアすら歯が立たない超絶強敵。

シバ、アークスだけでなく全宇宙に対して宣戦布告。
ここでEP5終了。

まとめてみたけどやっぱ大盛りだぁ;


だーっ! 出来事が多い!!(笑)
できるだけ重要なところだけ抜き出してみたつもりですが、いろいろ抜けているだろうことは勘弁してやってください;

ともあれ、ラストに出てきたハリエットそっくりの「シバ」にはびっくりしましたね; てかラスボス感ハンパないでしょ(-_-;) いっちゃ悪いがマザークラスタの面々とは格が違う圧倒的強者感を受けました;

うーむ。いろいろと謎が多いですねー。
一番気になるのはやはり「シバ」の存在です。
あらためてイベントでの彼女の発言を見直してみたんですが・・・

・EP5での出来事はすべてアカシックレコードの夢。現実の出来事ではない
 *すべては「既に起きていたこと」で、「夢」を救ったとて現実は変わらない?
 *でも現にこの世界ではオメガは消滅、ハリエットも救われたはず・・・

・だがシバは「夢の中のハリエットが救われたおかげで今の私がここにいる」とも発言。
つまり、ハリエットが全知存在の神になったことでシバも生まれた??

・シバは主人公たちがいる次元(世界、世界線といったほうが正しい?)とは別の存在
 こちらの世界でオメガが閉じるときのエネルギーを使い、こっちの世界にやってきた

ここでものすごく気になることをシバが言っています。

03.jpg

「おかげで戻ってこられたんです。私は、ここに」

このとき、シバが立っている場所って・・・EP1やオムニバスをやられた方ならわかるでしょう。そう「シオンが立っていた場所です」。

つまり、EP5クライマックスで救われたハリエットは全知存在の神となりました。
全知存在の神・・・象徴とはつまり、今は失われたシオンです。
そのシオンとの関係性を伺わせるこの発言・・・つまり、シバは「深遠なる闇と同化した全知存在」と予想できるかも・・・

04.jpg

そして続く気になるポイントは当然こちら!
まさかのリサさん大活躍!! 前々からなにかある人だとは思ってましたがここでいきなり主役級ですか!? これはスゴイw

よーく聞くとわかりますが、このときリサが持っている銃(これも創世器か?)からする声・・・たぶんコレ、ハリエットですよね?
直後のシバの反応にも
「魂のみを器に移した」
「見苦しく生にしがみついている」
とありました。

前後の文脈から判断するに、もしかするとあの銃はハリエットなのかもしれません。ユクリータとアウロラの関係に似てますね。
あの銃での銃撃が唯一シバに届いていたことから察するに、あの銃の持つ力はシバと同類。
となるとその線が濃くなってきます。

そうなると謎なのがリサさん本人。
仮にあの銃=ハリエットだとすると、リサは一体何者??
というか、仮に今回見てきた一連の出来事(黒い繭が生まれて深遠なる闇が生まれて〜)が実際に大昔に起きたことだとすると、リサとハリエットはそのときからずーーーーっと生きてきたということになります。・・・果てしねぇ(-_-;)

過去のリサの発言から察するに、今までになにかあったことは間違いありません。
もしかするとそれがコレなのかしら・・・?

05.jpg

そして全宇宙への宣戦布告。
「世界のために贄となった者」と自身を称するシバ。
彼女の言っていることをそのまま信じると、このハリエット(?)は主人公たちに救われず、深遠なる闇の器として完成してしまった・・・器となり贄となったハリエットと思えます。
そんなシバに対抗するは、かつてシオンがやり直しを望み、そのとおりに世界を正しく導いてきた主人公。

06.jpg

ゆえの「始まりに生み出されたシバ」と「終わりに生み出された主人公」。
もしEP5のこの話が深遠なる闇誕生の根本だとすれば、シバの「始まりに生み出されたもの」という言葉も理解できます。
そして、今まさに新しい時代を切り開いている主人公は「終わりに生み出されしもの」。
始まりと終わりの戦いが始まるってことですね・・・!



スポンサーリンク


【本日の〆】


いやー、とにかくネタ盛りだくさんですごい展開でしたねー。
しかしまさか本当にEP5が前座扱いになるとは・・・w 予想外です。

いろいろありましたが、結局のところ【仮面】はどうなったの? とか、あれで本当に深遠なる闇は終わりなのか?といった疑問は残ります。
まぁ疑問が残るっていうか、個人的になんかスッキリしないっていうのが正直なところなんですけどね(笑)

この展開を受けて年末には真・深遠なる闇とのレイドバトルが来るわけです。
これはドキドキだ・・・w と、ちょっとの間休止していたPSO2熱に再び火がともりそうな、そんな経験でした。

さて、それでは本日はここまで!
またどこか星の海で会いましょう〜

▼本家PSO2サポーターズリンク参加中!
PSO2_200x40_応援バナー02

pixiv→https://www.pixiv.net/member.php?id=610892
FANBOX→https://www.pixiv.net/fanbox/creator/610892

(C)SEGA
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/






posted by 佐藤輝政 at 19:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | PSO2
この記事へのコメント
お疲れ様です。

個人的にep4.5は最終決戦の為の自軍の強化増強だと思ってます。アルに潜む力に安藤に宿るDFの残滓…

安藤こそが真の深遠の闇の繭(苗)であり永遠に見続けている夢だった…なんてね
Posted by 名無しの八鯖民 at 2018年10月25日 20:37
シバはただ一人の犠牲となったフォトナーじゃないですかね?
むしろマトイも謎なんですよねぇ…
Posted by at 2018年10月25日 21:59
このシバとリサの話はどれだけ続くんでしょうかねえ

真DFがシバだったら緊急初回で倒した後、徒花の時のようにムービーやイベント出てそこで話があって謎だった部分が解決してあっさり終わり、なんてことも考えられます

EP6の予告も無ければイドラのこともあるので過度な期待はしないようにしながら見守った方が良いかも・・・
Posted by その辺の名無し at 2018年10月25日 21:59
EP3オムニバスの最後の方、アウロラの出てきた時の話で、

『たった1人にフォトナー全てのフォトンを押し付け、深遠なる闇と一緒に封印した』

今回のストミ終わった後、ユクリータのとこ行って話をすると、

『アウロラによると、シバという名前の二十神はいたが、最初から生贄にする前提』

同じくストミ中、シャオの発言で

『ナベリウス上空の深遠なる闇の反応は現在、完全に消失している』

オメガはその深遠なる闇と同等。ブラックホールが消えた時、シバはそのエネルギーで出現した
→我々が既に戦闘したことのある深遠なる闇は、封印をぶち破る為に利用された可能性がある



予測の範疇だが、シバは既に『最初の深遠なる闇』と完全に一体化しているのではないか。
で、最初の深遠なる闇ってのは人造シオン=人造の全知存在だから…あれこれ予想以上に深刻な事態では?
オマケに、封印の際に当時のフォトナー全てのフォトンを押し付けた。つまり奴のフォトン貯蔵量は…
Posted by at 2018年10月25日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184768244

この記事へのトラックバック

関連記事リンク

スポンサードリンク